期間工と言っても求人を出しているところは2種類ある

期間工といえば給料もよく、福利厚生もあり、有給休暇などもありとても魅力的な仕事として浸透しています。
しかし求人広告などでいかけた場合、注意しなければならないのは期間工でも直接雇用のタイプと派遣の2つのタイプがあるということです。



直接雇用が行われている期間工は、メーカー直接一時的に社員として雇っています。

そのため雇用形態としては正社員とほとんど変わらず、待遇もいいです。

そのため寮費がほとんどかからず、会社の福利厚生も使え、不景気になってもいきなり首になるようなことはありません。しかし連続で3年以上は雇用できないので、それ以降は無職となってしまいます。

一方派遣の場合ですとだいぶ違ってきます。求人をかけているのは派遣会社であり、基本的にはメーカーの工場に派遣社員として働くことになります。


そのため、不景気になったときはすぐに首を切られてしまう可能性があります。

あなたのご要望に応じたOKWaveの信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

福利厚生もしっかりと保証されているのかは、求人時の条件によって変わってくるため、注意が必要になってきます。

また、直接雇用の場合と違い、寮費などがかなり高額になってくることもあります。

そのため同じ期間工であっても、雇用形態の違いによって、かなりの差が出てくるといえます。
このように同じように見えても、その中身はだいぶ違ってくるのが雇用形態による違いです。

応募される際には、自分がどこに雇用されて、どのような条件で働くことが出来るのかをしっかりと確認しましょう。